転ばぬ先の育毛剤治療「SBC毛髪再生医療センター」

M字はげの悩み

M字はげは治療しづらい

薄毛は世の多くの男性が抱える悩みです。その中でもM字はげはかなり深刻な悩みと言えるでしょう。 M字はげとは、生え際の中央部は薄毛が進行せずに両端部分のみが禿げあがってしまう症状の事を指します。その生え際の形がアルファベットのMの字に酷似しているため、そう呼ばれているのです。 M字はげは数ある薄毛の種類の中でも最も治療しづらいと言われています。河童ハゲとも呼ばれる頭頂部の薄毛は比較的治療の効果が見込めるのに対して、生え際部分の後退は対処しづらいという特徴があるのです。 髪の毛の中でも生え際は特に敏感かつ繊細な部位です。それ故に間違った先発方法や日々の食生活、そしてストレスの影響を受けやすいとの説もあります。

生え際は頭頂部に比べて回復しづらいが全く回復しないワケではない。

ではM字はげの改善は絶望的なのかと言うと、必ずしもそうとは限りません。たしかに生え際の後退に歯止めをかけるのはこの上なく難しい事です。ですが薄毛治療や薄毛対策がM字はげに全く効果が無いというわけではないのです。 日々のセルフケアにしろ育毛剤にしろ、少なからず効果はあります。正確には、頭頂部にはヘアケアや薄毛治療の効果が出やすく、生え際部分はそれより劣るというだけです。頭頂部ほどの効果は見込めないというだけで、生え際部分に全く効果が無いわけではないのです。 事実、育毛剤を半年ほど使用し続けたら、髪の毛が無くなったM字はげの地肌の部分に産毛が生えてきたという例もあります。M字はげは治りづらいと言っても決して治らないワケではありません。